アウトドアなディープヲタクのライトノベル書評とスポーツ用品インプレブログ

ラノベ

英雄も現代では形無し? 「最強聖騎士のチート無し現代生活 1~姫君はイタズラな副会長~」の感想・書評

投稿日:


オーバーラップ文庫大賞受賞「最強聖騎士のチート無し現代生活 1~姫君はイタズラな副会長~」

おっすおっす、となりです。

実は昨日、誕生日だったりしました。

子供の頃であれば「わーい。誕生日だー。プレゼント〜♪」と喜んでいたでしょうが、今となっては「来るな、来ないでくれ……」と殺人鬼に怯えるどこぞの主人公並に誕生日が近いという事実に怯えてました。

いよいよ年を取るということが恐ろしいことだと感じる年齢になったことに、達観した目をしながらも着々とラノベ書評していきます。

今回は久しぶりのラノベ回ってことで力をいれて書いていければと思うのですが、誕生日であるという事実が僕から力を奪っていってしまったので、ギャグ多めの作品なんかを書いていければなと。

ご紹介するのは「最強聖騎士のチート無し現代生活 1~姫君はイタズラな副会長~」という作品。

そういえばこのブログを始めてから異世界転生モノを書いたことってないかもしれませんね。

といっても今回の「最強聖騎士のチート無し現代生活 1~姫君はイタズラな副会長~」は、タイトルからも分かる通り俗に言う異世界転生とはちょっと違っており、現代での生活を主としています。

果たしてどういった内容なのか。早速レビューしていきます。

基本情報

  • タイトル:最強聖騎士のチート無し現代生活 1~姫君はイタズラな副会長~
  • 出版社:オーバーラップ文庫
  • 著者:小幡京人
  • 画:ぐれーともす
  • ジャンル:現代転生ラブコメディ
  • 発行日:2017年4月25日

あらすじ

「俺の名は『ユウキ・グレン・オーガス』! ラバールの聖騎士である!」

宿敵との決戦の果て、奈落へと堕ちた聖騎士ユウキ。

彼が目覚めるとそこは見慣れぬ建物が並ぶ異形の街――現代日本だった!

警官に補導されたり妹に魔剣を折られたりしたユウキは、

色々と勘違いしたまま高校に通うことに。

鎧を着て通学したり異世界での旅の思い出を語ったりと、

周囲から重度の中二病認定されながら学園生活を送るユウキ。

しかしそんな彼のぶれない聖騎士っぷりが、悩みを抱える少女達の心を救っていき……!?

これは、異世界の聖騎士さんが囚われの姫の涙を止める物語……かな?

出典:オーバーラップ文庫大賞受賞作特設サイト

『最強聖騎士のチート無し現代生活 1~姫君はイタズラな副会長~』評価(ネタバレ無し・まだ読んでない人向け)

ということで、早速「最強聖騎士のチート無し現生活1 姫君はイタズラな副会長」について書いていきたいと思いますー。

 

突然だけどYO! この画像を見てくれYO!

こちらが表紙。ぐれーともすさんの絵は可愛いなぁ……

 

レムとラム

それでもってこっちが扉絵で――――って、アレ!?

 

レムとラム

どういう……ことだってばよ!

 

レムとラム

これもう完全に……アレだよね?

 

こういう……ことですよね? 某大人気作品のアレ的な……

 

――ということで、こういう、作品です。

(※ここからちゃんと紹介していきます。)

 

完全に絵買いで買った結果

さて茶番は置いておいて。

 

この作品を読もうと思った理由は、あらすじが良かったとかオーバーラップ文庫が好きだからとかそんな理由ではなく、普通にイラストレーターさんが良かったからの一言に尽きる。

俺ガイルなんかでも言及されてたように、ラノベ初刊売上の99(※)割ぐらいはイラストの良さだ! っていう意見も間違いないのかもしれない。

実際、1巻目の新人作者さんとか自分に合うか分からないですからね。

 

最悪イラスト集になればいいやぐらいの気持ちで買ったりしてることもあったり無かったりね。

文章読みやすく、チョロイン多く、典型的ラノベラブコメ

難解な説明やら複雑な世界観設定っていうのは現状見受けられず、異世界で最強だった聖騎士ユウキが、現実世界で緒方勇希として生活することになってしまい、ユウキは異世界でのスタンスを崩さずに生きるので周りから中二病の変人扱いされる。

しかし、それを物ともしないユウキは様々な問題に巻き込まれ、その過程で異世界でも深い関係にあった女の子たちとよく似ているらしいヒロインらと仲良くなるっていうお話。

 

文章も変な倒置法とか難解漢字も無くて読みやすい。

 

金髪おっぱい・引きこもり薄幸美少女・高校デビューギャル・苦労人系黒髪美少女・ツンデレ妹・中二病妹完備っていう、まさにラノベといえばコレってのを詰め込んだ作品です。

ちなみにさっき茶番のネタにした双子っぽい娘たちは、メインヒロインである副会長を補佐する娘たちという設定で、ピンク髪の女の子がいい味出してました。

あ、あとそっちが好きになるのね。そこは違うのねっていう展開もあるんで、詳しくは読んでご確認をw

 

イラストがぐれーともすさんっていう、「ガヴリールドロップアウト」というアニメのサターニャちゃんというキャラの二次創作絵をツイッターにたくさんあげてる人で、この御方のイラストを見てホクホクしている僕にとっては、前述したキャラ設定でぐれーともすさんのイラストが見れるのでかなり嬉しかったりした。

 

それでいて彼女らがチョロインっていうんだから、なんというか…………すごく楽に読めたラノベでした。

ラブコメに比重が傾いてる作品を読みたい人にはオススメ


最強聖騎士のチート無し現代生活 1 姫君はイタズラな副会長 (オーバーラップ文庫)

 

結論、まさに書いた通りで、ラブコメに比重が置かれていて、なおかつちょっとしたヒロインたちの問題を解決して、さらに仲良くなるよーっていう展開が好きな人にはオススメの作品だと思います。

個人的に金髪スキーなので副会長はGOOD! おっぱいは正義なのである。

あんまり妹キャラのことは好きにならないタイプなんだけど、この作品の妹、特にツンデレ妹ちゃんは可愛かったと感じた。

2巻が出るまでに読んでみてもいいかもしれない。

 

『最強聖騎士のチート無し現代生活 ~姫君はイタズラな副会長~』評価(ネタバレ有り・もう読んだ人向け)

ここからはネタバレ有りの感想ですー。

とりあえずイリスちゃんとエミリアちゃんが可愛かった

脳死してるみたいな感想、恥ずかしくないの? って感じですが、マジでそういう感想なので書いた。

エミリアちゃんってようは純情ギャルだよねっていう。

純情ギャルはいいものだ。

そういう娘が実は主人公のためにギャルっぽい格好をしていて、実はとても真面目で親切な娘だったという設定だったら、僕は猫好きのヤンキーが秒速で猫に絆されるぐらいの速度でその娘のことが好きになる。

 

続巻ありきの結末?

結末についてはどうなんだろうと思った部分もあった。

ユウキが、かつての世界で不倶戴天の敵だったグレアムの映し身と目される暮谷会長との一騎打ちを、劇の脚本の出来で決めるという流れだったわけだけど、結局バトルが始まって終わった。

そこに来るまでが題名通りチート無しの現代生活をちゃんと謳歌していたので、突然の展開にはびっくり。

まぁ大体の人が予感していたかもしれないけど、前世では神巫女であり、現世ではユウキの妹だと思われていたうみるが、実は現世でも前世の記憶を継承していたってことが明らかになったわけだけど、1巻はそこで終わってしまったのが残念。

メイアちゃんとともにユウキがプレイしているゲーム、LoEに熱中すぎて自分が本当に聖騎士だったと勘違いしてるとか色々言われてたけど、ユウキの記憶が確かであることや、暮谷やうみるといった他の人物にも記憶が継承されているところを見ると、今後イリスや他のヒロインたちにも継承されたりするのかな? と思ったり。

おそらく2巻も確定してるみたいなんで、期待して待ちましょう。

「最強聖騎士のチート無し現生活1 姫君はイタズラな副会長」の感想・書評を読んでいただきありがとうございました。

 

ぐれーともすさんのえっちな絵、更新されないかなぁ。


最強聖騎士のチート無し現代生活 1 姫君はイタズラな副会長 (オーバーラップ文庫)

-ラノベ
-, ,

執筆者:

関連記事

ちょっと保健室行ってくる。『気ままで可愛い病弱彼女の構いかた』1巻の感想・書評・考察

目次1 富士見ファンタジア文庫より発売『気ままで可愛い病弱彼女の構いかた』1.1 基本情報1.2 あらすじ2 『気ままで可愛い病弱彼女の構いかた』レビュー(ネタバレ無し用)2.1 ラノベだから当たり前 …

【異世界スマホ】「異世界はスマートフォンとともに」11話が酷評されまくっている理由について考えてみた

目次1 なぜ「異世界はスマートフォン」11話がここまで酷評されているのか。1.1 ぶっちゃけ、「異世界はスマートフォンはとともに。」は11話以前も酷評される要素ばかりだった1.2 異世界スマホ11話は …

『読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから』

電撃文庫より発売『読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから』 目次1 電撃文庫より発売『読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから』1.1 基本情報1.2 あらすじ2 『読者(ぼく)と主 …

「このライトノベルがすごい!2018」を読んで思ったことを挙げてく

目次1 「このライトノベルがすごい!2018」を読んだ1.1 全体的に妥当なランキング?1.2 ジャンル別ガイドは、ライト層からミドル層に向けたものっぽい1.3 ラノベのトレンドを知る上では買っておく …

母は強し。『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』の感想・書評

富士見ファンタジア文庫より発売『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』   目次1 富士見ファンタジア文庫より発売『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』1. …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

プロフィール

本ブログを運営しているぐりむととなりです。東京から地方に飛ばされた二人が東京に株式会社wotakuを設立することを夢見ながら(?)ラノベやスポーツ用品のレビューをしていくブログです。 


ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ