アウトドアなディープヲタクのライトノベル書評とスポーツ用品インプレブログ

アニメ

金髪ってだけですぐ落ちるチョロいオタクは「ブレンド・S」視聴義務が発生してるって話

投稿日:


オタクはとりあえず「ブレンド・S」を見よう


ブレンド・S 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

おっすオラとなり。

忙しいです。記事書くとか無理です。といいながら書いてるけど。

 

ラノベの批評もしたいんですが、時間ない中で書くとよく分からんことになるので今回はアニメのお話です。

 

「ブレンド・S」って観てますか?

いかにもな日常系なので観てねえって人もいるかもしれませんね。

 

まぁ、観てない人の予想通り……日常系飲食店アニメなんですけど。

 

(WORKING!!)とか言ったらまずい気がする。

 

つーことで早速金髪ってだけですぐ落ちるチョロいオタクは「ブレンド・S」視聴義務が発生してるって話をしていきましょう。

 

もう金髪スキーとかあんま言わねえなぁ

 

日向夏帆をおすこり申し上げろ。

 

「ブレンド・S」に出てくる日向夏帆っていうバイトの女の子なんだけど、オタクに好かれるための属性全部乗っけましたみたいな媚び&媚びキャラだったりする。

 

  • おっぱい
  • ゲームオタク(なのでオタクにも優しい)
  • 金髪ツインテ
  • 暴力は振るわないタイプ
  • 金髪
  • 天真爛漫
  • とにかくオタクに優しい。率先してモ○ハンとかゴッドイ○ターとかで遊んでくれる
  • 金髪
  • JK
  • メインの舞台になっている「スティーレ」って店の方針が、ドSや妹になりきって接客するとかいう方針なので夏帆はツンデレを演じている。

 

僕みたいなチョロいオタクには刺さってしまうジャスティス美少女だった。本当にありがとうございました。

あと担当声優の鬼頭明里さんの声もいい。

なんていうか、ツンデレタイプの大西沙織って感じ。すこれ。

 

公式カップリングを許せるかが鍵だっつー話

「ブレンド・S」はまんがタイムきららキャラットの漫画。

つまり本誌的には女の子しか出てこねえ「NEW GAME!」や「Aチャンネル」のような日常系ギャグ(一部例外あり)作品がコンセプトなんだろうけど、「ブレンド・S」は当誌の中で少し異色だと言える。

 

それは男性キャラクターが登場し、ヒロインたちとの公式カップリングが出来上がっているところにある。

 

主人公の苺香は店長のイケメンイタリア人に一目惚れされて、しかも苺香自体も店長のことを憎からず思っている感じなんで、「ぼきは女の子だけが出てきてきゃっきゃっうふふしてるのが観たいんじゃ」みてえなオタクが知らずに観たら発狂もんだ。

 

だが同時に「ブレンド・S」の魅力は、この「まんがタイムきらら系なのに男出してて、あまつさえ女の子が男に好感持っちゃってる」という点にあるのも確かだ。

 

「きらら作品」の中で、男とラブコメするヒロインの良さ

生物学上、人間には基本的に雄と雌っていう区別がない以上、女性キャラクターは人間とあれやそれをすることになった時、基本は雄と雌しか選択肢がないのだが、そもそも好意を持っているのが男だった場合と女だった場合、僕らオタクの目の付け所は変わってくる。

 

んで、日向夏帆ってキャラは秋月紅葉っていう百合オタクでキッチン担当の男と一緒に描かれていることが多い。

 

この秋月紅葉っていう百合オタクは、「現実の女の子への耐性が低いんでマジ百合みてえな清いのしか無理だわ」みたいな精神性を行動でも表していて、夏帆みたいな美少女にボディタッチされたり水着姿ですり寄ってこられると、許容度が限界を迎えるっていう描写がある。

 

一応ギャグシーンという体だけど、こういった一連の描写は、秋月のようなオタクにも分け隔てなく接する夏帆の性格の良さを浮き彫りにすることにも一役買っていて、僕を含めて秋月に似た感性を持った視聴者にはたまらなくブヒれるシチュエーションに映る。

 

きらら作品って女の子が女の子に好意を持って、あれこれ試行錯誤する描写でブヒったろ! みたいなところがあるけど、あえてきらら作品の中で、夏帆みたいな娘がゲームなどの趣味を通じて仲良くなった男には気を許すという関係性を描いたのが、かえって系列内での強みになっているのが面白い。

 

日向夏帆をすこらない理由がない

 

ここまでなんだかんだと書いてきたけど、おっぱいでけえし性格は良いし金髪だし、小難しく分析しなくても結局かわいいことには変わりないんで、金髪ってだけで心揺らぐチョロいオタクはとりあえず観てといてそんなに損はないかも。

 

ストーリーを総合的かつ端的に表すと(ギャグ成分弱めで萌え成分強めの「WORKING!!」)萌え要素がいっぱいの喫茶店モノぐらいなんで緩く視聴できるだろうし。

 

ということでみんな、

 

日向夏帆をすこれ。

-アニメ

執筆者:

関連記事

【ネタバレ注意】アニメ「ようこそ実力至上主義の教室へ」6話ホワイトルームの描写の考察

目次1 「ようこそ実力至上主義の教室へ」6話でホワイトルームについての描写がされた?2 書く必要も無いかもしれないけど一応「ようこそ実力至上主義の教室へ」について3 アニメ「ようこそ実力至上主義の教室 …

【いせスマ】『異世界はスマートフォンとともに。』がニコニコ動画向けアニメだった件と、否定的な意見が多い理由について

目次1 『異世界はスマートフォンとともに。』大方の予想通り罵詈雑言の嵐2 そもそも『異世界はスマートフォンとともに。』とは2.1 『異世界はスマートフォンとともに。』の基本情報3 んで、ぶっちゃけ『異 …

『ネタバレ注意』アニメよう実こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」7話がクソ過ぎたので軽井沢過激派として物申す。

目次1 「ようこそ実力至上主義の教室へ」7話がクソ過ぎたので軽井沢過激派として物申す。2 最初に言っとくけど、今までの改変は寧ろ好意的に見ていた2.1 昨今のラノベヒロインでも特に可愛いと思ってる軽井 …

期待してるアニメ一覧(2017春)パート2

  目次1 個人的に期待してる2017春アニメを書いてみる part21.1 有頂天家族21.2 アリスと蔵六2 個人的に期待してる2017春アニメを書いてみるの総括2.1 くっそどうでもい …

キモ・オタク、雄篇である『名探偵コナン-から紅の恋歌-』を語る

目次1 名探偵コナン-から紅の恋歌-のレビュー2 名探偵コナン-から紅の恋歌-の感想(ネタバレ無し・まだ見てない人向け)2.1 個人的には名探偵コナン劇場版シリーズ最高傑作2.2 俺が求めていたツンデ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

プロフィール

本ブログを運営しているぐりむととなりです。東京から地方に飛ばされた二人が東京に株式会社wotakuを設立することを夢見ながら(?)ラノベやスポーツ用品のレビューをしていくブログです。 


ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ