アウトドアなディープヲタクのライトノベル書評とスポーツ用品インプレブログ

事業 未分類

遂に全国で宅配の共同配送が実現する。需要過多に対応できるか?

投稿日:

みなさんは共同配送という言葉はご存知だろうか?
この仕組みが実現すると、昨今の宅配需要過多に対応できるのではないかと思う。

今日は共同配送について書いていこうと思う。


共同配送とは

簡単に言うとヤマト運輸、佐川急便、日本郵便等の運送会社の荷物を一拠点に集め、ひとつの事業者が配達するというものである。

例えば、それぞれの運送会社がAさん宅宛ての荷物を配送するとしよう。
従来通り通常の配達システムであれば、各運送会社がAさん宅に荷物を届ける。
ところが共同配送の場合、各運送会社の荷物を一拠点に集めた事業者が各運送会社の荷物すべてをAさん宅に配達できるのである。なんと1度の配達で済むのである。

これにより、ドライバーへの負担軽減、配送コスト軽減、環境コスト軽減が期待できるのである。

共同配送に期待できること

もちろん前項目で上げたことも期待できる。

しかしもっとも期待できるのは、需要過多への対応だろう。

昨今AMAZONやZOZOTWON、メルカリといったインターネットを介しての売買が頻繁に行われており、宅配需要が急速に高まっていることは誰もが知っているだろう。
そんな中で佐川はAMAZONの宅配事業から撤退、ヤマトはドライバーたちが声を上げてブラック企業のレッテルを張られている状態である。
ドライバー不足が深刻なのである。

共同配送が実現することで、配達効率が大幅に向上し、需要過多に対応できるのではないかと期待している。

で、共同配送を実現しそうな事業者はどこ?

実はヤマトで、2016年から多摩ニュータウンで試験的に運用されている。
ただ、これ以降共同配送についてのニュースは出ていなかった思う。

さて、それならば佐川が実現するのか?
なんと佐川、郵政でもない。
2016年より始まったワールドフォースインターナショナルという会社の軽バンサービス事業である。

現在軽バンサービスではヤマト、佐川と契約を締結している。共同配達を開始するとしたら両事業者のみとなるが、この2つの事業者の宅配先が重複していることは多そうなので効果は期待できそう。
現段階で関東圏のみのサービス展開となっているが、2019年に全国展開が予定されている。

2018年10月より東北展開

さて、この軽バンサービス2018年10月に筆者の住む仙台に展開されるのである。
震災特需が終わった東北地方から優先的に展開したいとう会社の意向があるらしい。

この軽バンサービスは、共同配送以外にも画期的なシステムが施されており、なんでも月に100万近く稼ぐドライバーさんがいるらしい。
ちなみに私の知り合いも軽バンサービスを通じてドライバーをしているが、コンスタントに月40万から50マン円を稼いでいるらしい。

この軽バンサービスの東北説明会が6月にアエルで開催されるらしいので行ってみようと思う。興味のある方は筆者まで連絡してほしい。

-事業, 未分類
-

執筆者:

関連記事

no image

生命保険会社はMLM(マルチ)よりかなりやり方がやばい。生命保険会社の”闇”

最近MLM(マルチ)、生命保険会社について詳しい話を聞く機会がありました。 どちらの話も聞いた結果、生命保険という悪徳商売の実態を書きたくなったので、書いていきます。筆者は話を聞いただけで、生命保険会 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

プロフィール

本ブログを運営しているぐりむととなりです。東京から地方に飛ばされた二人が東京に株式会社wotakuを設立することを夢見ながら(?)ラノベやスポーツ用品のレビューをしていくブログです。 


ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ