アウトドアなディープヲタクのライトノベル書評とスポーツ用品インプレブログ

事業

生命保険会社はMLM(マルチ)よりかなりやり方がやばい。生命保険会社の”闇”

投稿日:

最近MLM(マルチ)、生命保険会社について詳しい話を聞く機会がありました。

どちらの話も聞いた結果、生命保険という悪徳商売の実態を書きたくなったので、書いていきます。筆者は話を聞いただけで、生命保険会社の社員でもなければMLMをやっている訳でもありません。

※ちなみにここで言うMLMはいわゆるネズミ講とは違います。あくまでちゃんとした商品売ってるネットワークビジネスを指します
また、生命保険会社の中でも特に住友生命と日本生命のことを言っています。


給与支払いの形態

MLM、保険どちらも基本的にはインセンティブ形式を採用しています。
顧客一人取れば、その顧客の支払額の何%かがインセンティブとして、財布に入ります。

生命保険 MLM
基本給 ×
ボーナス
インセンティブ 契約を取ると一定期間入る 常に顧客が購入した額の数%

上の表を見てください。
支払い形態だけ見ると、基本給がある生命保険の方がいいように見えます。
しかし、インセンティブの項目を見ると、生命保険は契約を1件取っても一定期間しかインセンティブが入らないんです。
MLMの場合は、基本的に顧客がつくと製品がなくなれば買ってもらえるので、半永久的にインセンティブが入り続ける仕組みとなっています.

ちなみに生命保険会社の基本給は2年目か3年目になると5万~10万まで激減します。

生命保険会社の闇

さてここらが本題、生命保険会社の闇について。
生命保険を解約すると、外交員が必ずごねますよね。なぜそんなにごねるのかそこに理由があるのです。

顧客が短期間で解約した場合、なんと罰金を取られるんです。インセンティブ渡した分を返せと。契約を取るまでには、時間、お金それぞれ使ってるはずなので、罰金を支払ってしまうと、契約までにかけた労力すべてが無駄になってしまうのです。

イケ〇ヤさんのサラリーマンは仕事を続けても何も残らないという話が話題ですが、生命保険の外交員はその筆頭だと思いますね。契約を取らないと収入がないけど、短期で解約されると自分の収入が減る。何も残らなのにリスクが高い。

もう1点やばいところがあります。
外交官を続けていると、後輩(部下)を育成する機会があります。もし後輩が辞めた場合、後輩の顧客は誰が担当することになるでしょう?
そう、直属の上司(育成担当)なんですね。その顧客が解約した場合どうなるでしょう?
罰金を払わなければなりません。

マジで生命保険会社大して給料も良くないくせいにリスク高すぎん????FXの方がバランス取れてるわw

ちなみにMLMは顧客が会員を辞めようが罰則はありません。

生命保険に入っておいたほうがいいって記事書いてるくせに何言ってるんだと思うかもしれませんが、これはあくまで生命保険会社の実態を書いただけで、生命保険に入らないほうがいいと言ってるわけではありません。

-事業
-,

執筆者:

関連記事

no image

遂に全国で宅配の共同配送が実現する。需要過多に対応できるか?

みなさんは共同配送という言葉はご存知だろうか? この仕組みが実現すると、昨今の宅配需要過多に対応できるのではないかと思う。 今日は共同配送について書いていこうと思う。 目次1 共同配送とは2 共同配送 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

プロフィール

本ブログを運営しているぐりむととなりです。東京から地方に飛ばされた二人が東京に株式会社wotakuを設立することを夢見ながら(?)ラノベやスポーツ用品のレビューをしていくブログです。 


ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ