アウトドアなディープヲタクのライトノベル書評とスポーツ用品インプレブログ

ロードバイク

初めて組むロードバイクにワイヤー内装式フレームをオススメしない3つの理由

投稿日:

こんにちは。
ぐりむです。

こちらの記事で紹介していたDEROSA SK…やっと組みあがりました!

Cycling Express(サイクリングエクスプレス)でフレームを買った話~関税の謎~


箱から出す時間もなかったのですが、10月末に前十時靭帯を切って暇になりましたので、一気に組んでしまいました。

初心者の私がSKを組み上げたことを通して気付いたことを、これから初めてフレームから組む方にお伝えできればと思います。
今回はしんどかったワイヤーをフレーム内を通す作業について書いていきたいと思います。

先に声デカで言っておきます。

初心者はワイヤー内装式フレームを選択しない方が良い!!!

さて、その3つの理由についてご説明します。


フレーム内のワイヤーの取り扱いが難しい

通常フレームで買った場合、ケーブルライナーが通っていないようです。
ケーブルライナーとは、フレームの入り口から出口まで通っている管のことで、このワイヤーにケーブルライナーやブレーキワイヤーを入れると簡単にフレーム内を通せるというすぐれもの。
私の購入したDEROSA SKの場合は、購入時にケーブルライナーが通されています。
ただ、私はこのケーブルライナーを意味もなく抜いてしまった!!ww
ここからが地獄でした。まずどの穴からどの穴を通したらよいのかが分からないのです。
ワイヤーの通し作業を初めても、全然貫通しませんし、貫通させたらさせたで、ハンドル側で通し忘れたパーツがあり、苦労して通したのにやり直しになったり…
他のフレームの場合はこれが普通というからまた辛い……

初心者がワイヤーの取り付けでやりそうなことこちら。
・異音の原因となる、フレーム内への異物の混入
・シフトイヤーがフレーム内で交差し、変速がうまくいかない
※まあ、これ私がやらかしたことなんですけどね

こうなると、ハンドル、フロントフォークをはずして中を覗かないと分かりません。
この作業をやってるときに、「あーワイヤー内装式なんて買うんじゃなかった」そう思いました。

 

フレーム外ワイヤーの取り回しが、ロードバイクごとに違う

実は、ワイヤー内装式フレームはブランドはもちろん、モデルによってワイヤーの取り回しが変わります。
そもそも海外では、フロント、リアのブレーキが左右逆だったりするので、海外ブランドのフレームを日本人向けに組み上げようとすると当然モデル車との取り回しも変わってくる訳です。
ちなみに私が購入したDEROSA SKはこんな感じ。

http://ysroad.co.jp/ochanomizu/2016/05/02/10933

みんな大好きGIANT はこんな感じ。


出典:http://bikeport.bike/blog/?p=13601

今の時代、インターネットを探せば取り回しなんていくらでも出てくるでしょ?って思う方いるかと思います。
たしかに、基本的なワイヤーの取り回しについて書かれた記事やブログはたくさんヒットするでしょう。しかし、自分の組もうとしているローバイクと全く同じブランド、モデルはあまりヒットしないのです。
リファレンスがない状態で初心者がワイヤーの取り回しを行うのは難しいです。
私の実体験ですが、感覚でアウターワイヤーの長さ決め、取り付けた場合、間違いなく変速がうまくいきません。アウターワイヤーの長さが数cm違うだけで、うまくいかない……それほどに変速という機能はシビアなのです。

 

トラブルが発生したときに対応しにくい

一番多いトラブルは間違いなく変速機能でしょう。
・そもそも1段階すら変速できない。
・10速ー11速の変速がうまくいかない。
・ローからトップに変速できない

この3つ、何が原因が検討がつきますか?
状態によって様々でしょうが、だいたいあたりがつかないようですと解決できない気がします。

私が実際に組んでいておきたトラブルは、STIが変速できない(ワイヤーを通してない状態でカチカチできない)ってものです。
内部にワイヤーのゴミが詰まっているだけなのか?はたまたSTIが故障しているのか?
初心者には判断しずらかったですね。
ちなみに灯油に突っ込んだら直りました。

こういったトラブルがなにかしら必ずおきます。
ワイヤー内装式の場合、通常のトラブル+ワイヤー内装に起因するトラブルが起きます。
トラブルが起きる可能性をひとつでも減らすため、ワイヤー内装式のフレームはおすすめしません。

最後に

以上、ワイヤー内装式フレームはやめとけ!という話でした。
私は一人で全部のセッティング、メンテナンスができるようになってから挑戦することをオススメします。
もちろん教えてもらいながらできる環境であれば、ガンガン挑戦していったほうがいいと思うんで、そこらへんはご自身の環境に合わせていただければと思います。

それでは。
アイキャッチ画像出典:http://www.derosa.jp/carbon/sk.php

-ロードバイク

執筆者:

関連記事

BELLE QUIPE

仙台のロードバイクショップと言えばBELLE EQUIPE(ベルエキップ)か?

  目次1 仙台のロードバイクショップを探すことになった背景2 BELLE EQUIPE(ベルエキップ)との出会い2.1 BELLE EQUIPE(ベルエキップ)2.2 どんな店?3 最後に …

ゲラントトーマスの挑戦とジロ・デ・イタリア第9ステージの悲劇

こんにちはgurimuです。 グランツールの季節がやってきました。 今年のジロの1位予想はずばり。。。ゲラント・トーマス!!! だったんですが…第9ステージで悲劇がありましたね。 今日はそのことについ …

ジロ・デ・イタリア第16ステージとトイレ(大)原因はココア?

こんにちはgurimuです。 skyが転落し、総合優勝候補はデュムラン、キンタナ、ニーバリあたりに絞られた訳ですが、第16ステージのラスト30km地点近辺でとある事件が発生しましたので、そのことについ …

Cycling Express(サイクリングエクスプレス)でフレームを買った話~関税の謎~

こんにちはぐりむです。 ボーナスが入ったのでCEXでフレームを買いました。 そこで、今回の経験を踏まえたCEXでの購入方法とか実際に払った関税とかの話をしていきたいと思います。 目次1 届くまでの期間 …

DOGMA-F10

低身長ライダー(160cm前後)が乗れるロードバイクメーカーはこれだ!in 2017

目次1 低身長ライダーの苦難2 低身長ライダーが見るべきジオメトリーの項目3 PINARELLO3.1 使用チーム3.2 代表車4 DEROSA4.1 使用チーム4.2 代表車5 SPECIALIZE …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

プロフィール

本ブログを運営しているぐりむととなりです。東京から地方に飛ばされた二人が東京に株式会社wotakuを設立することを夢見ながら(?)ラノベやスポーツ用品のレビューをしていくブログです。 


ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ