アウトドアなディープヲタクのライトノベル書評とスポーツ用品インプレブログ

ロードバイク

低身長ライダー(160cm前後)が乗れるロードバイクメーカーはこれだ!in 2017

投稿日:2017年4月25日 更新日:


低身長ライダーの苦難

こんにちはgurimuです。
低身長ライダーの悩み…めっちゃ分かります!
当方の身長は162cm辛い。とてもツライ。(しかも日本人特有の短足)

初めて買ったロードバイクはTREK EMONDA ALR5(サイズ48)でした。
ロードに乗ることにも慣れ、ロード乗りの友達が増えてきて1つ気付いたことがありました。

なんかポジション低いし、形がダサくない???

実際の写真がこちら。

EMONDA-ALR5

ダサすぎワロタw
次買うロードはポジションが出せるサイズのものを買うんだ!
という訳で、自分のためも含め低身長(短足)ライダー向けのロードバイクブランドを
紹介したいきます。

低身長ライダーが見るべきジオメトリーの項目

まずロードバイクのサイズを見る上で何を基準にすればいいの?ということですが、
私は基本的にトップチューブ長、シートチューブ長を見ます。
トップチューブ長とは図のLの部分のことです。

身長160cm前後短足ぎみの(自分のことなんですが…)方は
トップチューブ長が500前後だといい感じにポジション出しできます!

PINARELLOのジオメトリーを例に上げてみます。

CF CC L I A B F P T D R G
440 425EZ 500 117 74.00° 70.00° 563 408 115 67 50 367
435 440 503 118 74.40° 70.00° 565 408 115 67 43 367
460 465 515 124 74.40° 70.50° 575 408 120 67 43 367

出典:(PINARELLO公式サイト

この場合425、440サイズだといい感じに乗れそうですね。

以上の点を踏まえてロードバイクブランドを見ていきましょう。

PINARELLO

ぐりむさんが大好きなPINARELLOからご紹介。

1952年に自転車選手ジョヴァンニ・ピナレロが立ち上げたメーカー。
初めてのロードバイクを選んでいるときに一番気に入ったんですけど、価格面で見送りとなってしまいました。
左右非対称フレーム、ONDAフォークなど独自のテクノロジーの主張が凄まじいですよね。でもこれがかっこいい!!

自転車を知らない人でも知っているツール・ド・フランスを連覇している最強チーム TEAM SKYにバイク供給しています。
2015年のツールを見ていただけると絶対にPINARELLOのバイク、そしてTEAM SKYに惚れてしまうと思います(笑)。是非みていただきたいです。

使用チーム

■TEAM SKY

弱虫ペダルでは鳴子が使用しています。

代表車

♦DOGMA F10

トップチューブ長
42SL 498
44SL 503

\ 625,000(フレームセット)

♦RAZHA

トップチューブ長
42EZ 500
44SL 503

\ 298,000(105完成車)

出典:(PINARELLO公式サイト

DEROSA

DEROSAはPINARELLO、COLNAGOと並ぶ3大イタリアメーカーの1つです。
メーカーロゴのハートが特徴的ですね。
「自転車とは新しくあるべき」というコンセプトを持ち、常にDEROSAブランドを進化させて来ました。

荒川サイクリングロードを走っているとカップルで乗っているライダーに遭遇する度に嫉妬しております(笑)

フラグシップ車のPROTOSに試乗したことがありますが、これでDOGMAやTARMACより高いんか!と感じてしまったので個人的にコスパの悪いイメージのあるメーカーです。

使用チーム

■NIPPO VINI FANTINI
弱虫ペダルでは、御堂筋が使用していますね。

 

代表車

♦PROTOS

トップチューブ長
45 507

\ 680,000(フレームセット)
♦AVANT

トップチューブ長
36.5SL 490
39SL 505

\ 277,000(105完成車)

出典:(DEROSA公式サイト

SPECIALIZED

バイク供給チームが多すぎるメーカー!

TARMACに入っているロゴのS-WORKSとは、SPECIALIZEDの中でもプロに供給されるバイクにつけられる名称です。
このS-WORKSのロゴがめちゃくちゃかっこいい。

プロチームへの供給が多いということは、それだけ性能を信用されているということ。
試乗すらしたことがないので1度その性能を体験してみたいところです。

 

使用チーム

■ASTANA Pro Team
■Tinkoff-Saxo (2016年解散?)
■Etixx Quick Step

弱虫ペダルでは田所、段竹、胴橋が使用。弱ペダでも使用者が一番多い??

代表車

♦TARMAC

トップチューブ長
49 504

\ 490,000(フレームセット)

♦TARMAC SL4

TARMAC-sl4

トップチューブ長
45 505

\ 175,000(Tiagra完成車)

出典:(SPECIALIZED公式サイト

MERIDA

台湾メーカーで一番最初に思い浮かぶのはGIANTだと思いますが、MERIDAも台湾メーカの1つです。

MORE QUALITY
最高を求めて

初心者の頃はちょっとコスパの良い台湾メーカーだろ?くらいに思っていました。国内レースやグランツールなどを見るようになってからその印象は一変。
多くのプロロードバイクチームに供給し、そして結果を出しているメーカーなのです。
新城幸也がMERIDAのバイクで数多くの大会で結果を出していますので、その様子を是非みていただきたいです!

使用チーム

■BAHRAIN MERIDA
■UTSUNOMIYA BLITZEN
■CIERVO NARA CYCRING TEAM

弱虫ペダルでは古賀が使用しています。

代表車

♦SUCULTURA 9000-E

トップチューブ長
44 510

\ 329,000(フレームセット)
♦SUCULTURA 700

トップチューブ長
44 515

¥169,900(105完成車)

出典:(MERIDA公式サイト

CANYON

みなさんご存知ナイロ・キンタナが乗っているCANYONです。
40万円台でUltegra Di2の完成車が手に入るのってやばくないですか?
指定されたパーツからしか選べないことが難点ですが。。。

セカンドバイクとしてCANYONを購入しようか迷った時期もありました(笑)
だって下手したらMERIDAよりもコスパがいいんですから!

使用チーム

■Movistar

弱虫ペダルでは古賀が使用しています。

代表車

♦AEROAD CF SLX

AEROAD_CF_SLX

トップチューブ長
47 509

出典:(CANYON公式サイト

最後に

いかがでしたでしょうか?

意外と多くのブランドから選んでいただけることが分かったかと思います。
気になったロードがあれば、実際に店舗へ足を運んで試乗してみてくださいね。

また多くのロードバイクメーカーが出展し、試乗することができる

PREMIUM BIKE IMPRESSION 2017 TOKYOというイベントもありますので、
そこで試乗してみるのもいいのでは?

今回小さいサイズはあるけど形がダサいメーカーは紹介しておりませんのであしからず。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

-ロードバイク
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

サイクルロードレース界に一石を投じる[ハンマーシリーズ(HAMMER)]ルール概要と出場チーム

こんにちはgurimuです。 新しいサイクルロードレースとして開始されたHAMMERシリーズについて書いていきます。 目次1 なぜHAMMERが出来たのか2 ルール概要2.1 The Hammer C …

DEROSA SK

CYCLING EXPRESS(サイクリング・エクスプレス)のVIP会員価格が安すぎる~7日間限定の大特価セール~

こんにちはgurimuです。 最近は、そろそろ2台目のロードバイク買うぞ~!ってことでネットを徘徊しております。 ヤフオクなどで中古品買うか海外通販で買うか非常に迷っております。 今回はネットを徘徊し …

【初心者向け】絶対に観戦してほしいサイクルロードレース3選 in 2018

こんにちはぐりむです。 サイクルロードレースに興味があるけど何から見たらいいか分からん!という方向けに2018年のレースをピックアップしてみました。(とりあえず3大ツール見ろw 大会概要、日程、放送媒 …

仙台のロードバイクショップ BRENDA(ブレンダ)ノリでS−WORKS TARMACに試乗

こんにちはぐりむです。 今回は、行ったことのない仙台のロードバイクショップを見てきましたのでその感想というか紹介なんかをしたいと思います。 ウェア系ではなく新車購入系です。 目次1 BRENDAを知っ …

Cycling Express(サイクリングエクスプレス)でフレームを買った話~関税の謎~

こんにちはぐりむです。 ボーナスが入ったのでCEXでフレームを買いました。 そこで、今回の経験を踏まえたCEXでの購入方法とか実際に払った関税とかの話をしていきたいと思います。 目次1 届くまでの期間 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

プロフィール

本ブログを運営しているぐりむととなりです。東京から地方に飛ばされた二人が東京に株式会社wotakuを設立することを夢見ながら(?)ラノベやスポーツ用品のレビューをしていくブログです。 


ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとお願いします!にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ